“気学”を通して、リズムを知る 自分を知る 回りを知る
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
金曜日の夜
かの有名なハチ公前。

私の好きなロクシタンのカフェ。

たくさんの良い香りに囲まれて、ゆっくりお茶。

頭の回路を蓄電しています。
人間には、磁気?みたいなものを発していると思います。

吉方位に行って、その土地の良い磁場を踏み、またパワーをチャージです。

Aという電波を発すると、なにがしらAに関するものが、飛び込んできます。
それが、偶然の一致です。でも偶然ではなく、自分が発信しているのです。
だから、どんな電波を発するかが、問題です。

どんな電波を発信しましょうか?

ロクシタンの香りに囲まれて、どんなイメージを?

きっとなにかがまたどこかでつながるでしょう。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ぼくをさがしに  ~先見先知の学問“気学”の世界~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。