“気学”を通して、リズムを知る 自分を知る 回りを知る
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
課題を克服。
人それぞれ課題はあります。

その課題を克服するため、一生懸命がんばり

また克服したあとは、おのずとさらなる自分自身のバージョンアップが待っています。

課題だと思っていたことをとことん突き詰め、向き合い、努力していけば、

必ず克服できるとき、

それが臨界点です。

ただ一番大切なのは、本当にそうしたいのか?心から望んでいることなのか?

誰かのせいにしていないか?次々と試されていきます。

でも実際無我夢中でやっていると、それすら考えている暇もありません。

ただ行き詰まるときは、方向変換。

行き詰まるとは、もうそれ以上はないよ。これより先に行きたかったら、

やり方変えないと。という意味だと思うのです。

ただ方向変換するときに、本当にもうこれ以上はないというところまでしているかも問題です。

今の景気も今までのやり方ではいけませんよ。という警告です。

ただもちろん良い景気の方もいらっしゃるわけで。

でもそんなかたこそ、研ぎ澄まし、研ぎ澄まし、それが特別なことでもなく、

当たり前になっていらっしゃるようです。

そんな癖を身につければ、課題も課題でなくなり、生きるエッセンスになるところまで、

自分をもっていきたいですね。

↓↓ランキングに参加しています。
いつも読んで頂き、応援ありがとうございます。「ポチッ」と1クリックお願いいたします!
banner_02.gif






スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ぼくをさがしに  ~先見先知の学問“気学”の世界~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。