“気学”を通して、リズムを知る 自分を知る 回りを知る
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生はジグソーパズル Tさんより
アパレルを営まれ、大成功をおさめられているTさん。

いつも良いお話をメールくださいます。

今を生きることの大切さ、心がけの大切さのお話をメールくださいました。

いつも本当に有難うございます。


”人間って誰もが欠点を持っている生き物だと思います。

 完璧な人間を角が4つある四角の形だとすれば、とかくこの四角になろうと欠点を克服しようとします。

 私自身、人に頼ることは申し訳ない、人は裏切る、人になんか頼らなくても生きていけると慢心しておりましたので、とにかく一人でなんでもできる存在になることを目指していました。

 でもいまは違います。助け合ったり、分かち合ったりすることの大切さを心の奥底でようやく理解できたからです。
 
 欠点は四角に穴を空け、得意な部分は飛び出します。それはまるで、ジグソーパズルの1ピースの形。

 小さい1ピースかもしれませんが、ジグソーパズルは他のピースとつながることで、どんどんどんどん大きくなります。最終的には自分が目指していたよりも、はるかに大きい四角に近づきます。

 自分の欠点は誰かの長所が埋めてくれます。

 最初から四角だったら、誰ともつながっていきません。

 色々な人が欠点を埋めてくれることで、人の温かみを感じます。

 埋めてあげたほうも、こんな自分でも人のお役に立てるんだ!って自分の存在価値を知ることができます。

 人間は他人から自分の存在価値が認められると、やる気を出し、力を出せる生き物です。 

 自分の欠点は誰かの存在価値を認めるために必要なものです。その欠点を責める必要は全くなく、むしろ愛すべきものです。

 欠点をなんとかしようといかつい表情でいる人と、欠点も全て愛している人が出す雰囲気は大きく異なります。

 欠点がなければ人の温かさを感じることは出来ません。

 人間はみんな不完全なんだから、その不完全さを楽しめばいいんじゃないのかな??
 
 不完全な部分は誰かが埋めてくれる。その誰かが埋めてくれたときには、最大級の感謝を示す。

 その誰かは自分の存在価値を見つけて、人生がますます充実してくる。

 長所は誰かの短所を埋めるため、短所は誰かの長所に埋めてもらうため。

 ひとりひとりはジグソーパズルの1ピース。大きなパズルを完成させるために、ひとりひとりがその人にしかない役割を持っている。

 気楽に人生楽しみましょ~。”


 まじめに誠実に生きつつ、今を生きる喜びを感じたいですね!


↓↓ランキングに参加しています。
いつも読んで頂き、応援ありがとうございます。「ポチッ」と1クリックお願いいたします!
banner_02.gif
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ぼくをさがしに  ~先見先知の学問“気学”の世界~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。