fc2ブログ
“気学”を通して、リズムを知る 自分を知る 回りを知る
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
実践 ニューヨーク編Part6
20080910064609
ニューヨークで甥っ子くんと、かの有名なトランプタワーのスターバックスでお茶していました。
ぴかぴかのトランプタワーの壁(純金ではないと思いますが、いつも磨く人を見かけないときがないくらい常にぴかぴかです。)を見ながら、何となく将来の話に。。。
彼とは18歳違い、高校生のときに生まれたときは、まさにまさにプリンス。この上ない身内一族相当なかわいがりでした。
これから仕事、自分らしさを見つけるために現実味をおびてくると思います。
私からどうこう言えるものでもないけど、何かと思っていたところに、飛び込んできたこの詩です。

The Way I See It 

The way I see it, isn't necessarily the way you see it, or
the way it is or ought to be.
What's more important is that we're all looking for it and
a way to see it.

この英語訳してみて。私が言いたいことはこういうことなんだよな。
わかった。と一言。
本当にわかっているかな?
スポンサーサイト



この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ぼくをさがしに  ~先見先知の学問“気学”の世界~. all rights reserved.