“気学”を通して、リズムを知る 自分を知る 回りを知る
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fw2: 1、引き 2、運 3、努力
Tさんからのメールです。
日々実践されてるんですね。
頑張って進んでいきたいですね。
みんながハッピーな環境を作り善の循環の元
 
良い波動を回りに発していれば、必ず自分に帰ってきます。
 
 
 
 
 
運命を好転するには昔から「1、引き 2、運 3、努力」と言われる。       どんな時でも与えることが習慣化されている人財タイプの人は世間が絶対見捨てていない。 どこからか必ず引きの手が来るのである。  どんなに努力しても頑張っても「引き」が入らないようなら、その努力は無に等しい。    人財タイプの人は、独立しても必ず成功する。 なぜなら周りが放っておかないからだ。 そんな人は何業であっても与えることを習慣化しているからサービスを最優先する。 対お客様なら顧客満足を最優先とする。 対取引先ならまず相手を儲けさせることを優先する。 従業員を雇えば彼ら彼女達の物心両面の幸福を優先する。  満足したお客はお客を連れて来る。 儲けさせてもらった取引先は、もっともっと取引を増やしたいと思い、いい情報いい話を持ってくる。       満足した従業員は喜んで働き、生産性をあげる。 また満足しているからお客さんにも親切な応対をする。 するとますますお客さんが喜び口コミの輪が広がる。 まさに善の循環が始まるのだ。  私たちは決して一人で生きているのではない。 多くの人によって支えられている。 そのことに気づけば感謝の気持ちが心の底から湧いてくる。 感謝の気持ちが湧いてきたらお返ししたくなるようにできているのが人間だ。 そうすると周りの人に親切にしたくなる。 与えたくなる。 するとどうだろう。 「与えれば、与えられる」の法則が働いて最も自分自身が与えられているのである。 




いつも読んで頂き、応援ありがとうございます。
ワンクリック宜しくお願いします。
banner_02.gif


スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 ぼくをさがしに  ~先見先知の学問“気学”の世界~. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。